60代女性が安物のバッグを持つのはNG?

60代女性が安物のバッグを持つのはNG?

スポンサードリンク

60代の女性たちは、まさにこれから第二の人生を送ろうとしています。
退職した夫と共に有意義な生活を楽しもうと考えておられることでしょう。

 

そのような心にゆとりがあるハイミセスの皆さんは、持たれるバッグももう安物ではなく、
自分の人生に見合ったそれ相応のものをと考えておられるかもしれません。

 

60代の皆さんの多くは、フランスやイタリアのブランドバッグを、自分の今までの人生のご褒美として買われています。
ある方は、実際にそれらの国にまで足を運び、限定品などを見つけて買われて、思い出深いバッグとして持っておられるかもしれません。

 

それで既に自宅には、たくさんのブランドバッグが保管されているのではないでしょうか。
出かけるときには、いつもその中から選んでおられるかもしれません。
しかし、皆さんは60代としてバッグを選ぶ際には、よく考えてから選んでおられることでしょう。

 

もしバッグの中にあまりにも誇張してブランドのロゴが入っているバッグがあるならば、
60代の皆さんはそのバッグを選ぶのをご遠慮なされます。
若い頃のような背伸びする時期はもう過ぎたと考えておられるからです。

 

もちろん自分が使えなくなったそれらの若者向けのブランドバッグは、
今では娘たちが代わりに使っていることもあるでしょう。

 

ブランドのバッグは、ロゴがはっきり見えなくても素材や丁寧な作りによって自ずと高級な物であると分かるものです。
いつまでもそれらのバッグを大事に手入れし、上手に使いこなしているハイミセスは、まさに60代女性たちの鏡であると言えるでしょう。

60代女性が安物のバッグを持つのはNG?についての情報

スポンサードリンク