結婚式のフォーマルスーツ 女性の場合の選び方

結婚式のフォーマルスーツ 女性の場合の選び方

スポンサードリンク

女性たちが結婚式や披露宴に参加する際、ある方は肩が出たり短いスカートで足を露出するパーティードレスを着ることに抵抗を感じる方もいるようです。

 

そのような方たちは結婚式でも、パンツスーツを着て行きたいと思うことでしょう。

 

では、結婚式にパンツスーツを着ていくことは可能なのでしょうか。

 

やはり、パンツスーツというと仕事で着ていくフォーマルスーツというイメージが出てしまいがちです。 

 

いつもはパンツスーツをシンプルにシックで凛々しく着こなしているかもしれませんが、結婚式にはふさわしくない地味な仕事着というイメージを脱却させるためにある程度の工夫が必要かもしれません。

 

例えば、インナーをいつものシンプルなシャツではなく、フリルがあしらわれているブラウスや、レースや刺繍のあるキャミソールにするだけでも華やかさが出てだいぶんイメージが変わります。

 

そして、アクセサリーやバッグそして靴も華やかさを意識して合わせることができます。

 

さらには髪型やメイクもいつもよりゴージャスに、できれば美容院に行ってプロにお任せするなら、スーツよりもそれらに目が行き、十分結婚式にふさわしい着こなしができることでしょう。

 

結婚式会場に年配の方々が多く出席され、あまり好意的に思われないと考えたり、当日友人スピーチなど目立つ機会がありなるべく失礼のないようにしたいのであれば、やむを得ずスカートのフォーマルスーツを選ばないといけないかもしれません。

 

そのような場合でも、長めのスカートやストッキングで足を隠すなどして工夫できるでしょう。

 

人はそれぞれ何かしら自分の体の部分のどこかにコンプレックスを感じているものです。

 

パンツが履けないとしても落胆せず、カバーできる着こなしを積極的に考えていきましょう。

 

≪PR≫
島根 原付処分など、大きな粗大ゴミで困ったら行政に依頼するか、民間業者に依頼しましょう。

結婚式のフォーマルスーツ 女性の場合の選び方についての情報

スポンサードリンク

結婚式のフォーマルスーツ 女性の場合の選び方記事一覧

フォーマルスーツを葬式で着る場合の注意点

葬儀に参加する時のフォーマルスーツはどんな点を注意すべきでしょうか。男性、女性、子供に分けてそれぞれ考えていきましょう。男性であるなら、黒いスーツ(濃ければ濃いほど良い)シャツは無地で白いもの、ネクタイも無地の黒、そして靴下や靴も黒で揃える必要があります。ポケットチーフやネクタイピン、派手なカフスな...

≫続きを読む