フォーマルスーツを葬式で着る場合の注意点

フォーマルスーツを葬式で着る場合の注意点

スポンサードリンク

葬儀に参加する時のフォーマルスーツはどんな点を注意すべきでしょうか。
男性、女性、子供に分けてそれぞれ考えていきましょう。

 

男性であるなら、黒いスーツ(濃ければ濃いほど良い)シャツは無地で白いもの、ネクタイも無地の黒、そして靴下や靴も黒で揃える必要があります。
ポケットチーフやネクタイピン、派手なカフスなどは身につけないのが基本です。

 

女性の場合も、黒いスーツにフリルやリボンがあまり目立たない白いブラウス、ストッキングや靴も黒で揃えるのが一般的とされています。
なるべく肌が露出しないようなデザインのスーツを選ぶよう心掛けましょう。

 

スーツ以外の小物類にも注意を払い、光沢のあるものや派手なものは身に付けないようにします。
アクセサリーはなるべく控え、付けるなら一連だけのパールのネックレスにしましょう。

 

子供たちが参加する場合はどうでしょうか。
基本子供たちは学校の制服があるのならば、その制服を着ていくことができます。
もしないのであれば、大人と同様、スーツ、ネクタイ、靴下、靴を全て無地の黒で揃える必要があるでしょう。

 

私たちが葬儀に参加するときは、黒いスーツを着るだけで安心せず、自分の髪が明るい色に染まっていたり、メイクやネイルが派手だったり、きつい香水をつけていないかも気をつけておくべきでしょう。

 

引き続き、私たちは常識ある人間として、葬儀のためにフォーマルスーツを着る際には、以上の点に注意を払っていきましょう。

フォーマルスーツを葬式で着る場合の注意点についての情報

スポンサードリンク