フォーマルスーツで挑む面接時の注意

フォーマルスーツで挑む面接時の注意

スポンサードリンク

面接に向かう際に、気をつけなければならないスーツの着こなし方について考えましょう。
まず選ぶ色ですが、黒や紺またはグレー系のものが好まれています。
オーソドックスな誰からも共感してもらえるような色をお勧めいたします。

 

目立つストライプが入っていたり、浮いたような明るい色のスーツは個性的で目立ちますが、日本の一般常識を崩して好印象を与えようとするのは、イチかバチかの賭けをするようなものですから、安全で確実に問題のないスーツを選ぶほうがリスクが低いと言えます。

 

黒や紺は地味で暗く見えるのではないかと感じるかもしれませんが、濃い色のほうが顔の見栄えが良くなります。
ですから、明るく笑顔で声もハキハキと答えているなら、スーツの暗さなど自分のイメージに全く影響は及ばないことでしょう。

 

しかしスーツの着こなし方によっては悪いイメージを与えることがあります。
例えば自分のサイズに合っていなかったり、シャツやスーツがシワになっているものを着るならば、だらしなく不潔なイメージを持たせてしまいます。

 

ですから、できればオーダーメードで肩幅やウエスト、ヒップ全てが自分にピッタリのスーツにし、
清潔感を持ってそのスーツを着こなすならば、面接官に誠実でフレッシュな生き生きとした印象を与えられることでしょう。

 

面接の際にどんなスーツを着るかは、どんなブランドにするかが重要ではありません。
どれだけビシッと真面目に、こまめな手入れで清潔な身繕いできるかが大切です。
引き続き、面接官に好印象を与えられるようにスーツを着こなしていきましょう。

フォーマルスーツで挑む面接時の注意についての情報

スポンサードリンク